01g-00

ガーデニング用語辞典 は~ほ

●ハイドロカルチャー

水栽培の一種のことをいい通常の土を使わずレカトンなどの植え込み材にする。害虫が少なく、観葉植物を室内で育てるのに摘している。

●培養土(ばいようど)

植物を育てるのに適している、基本用土に土壌改良材を混ぜたものをいう。コンポストともいわれている。

●ハウス栽培(はうすさいばい)

プラスチックまたはビニールなどのハウスで栽培することをいう。保温され育つ為、外のものより耐寒性は劣れるので寒さに少しずつ慣らして花壇などに植えるとよい。

●バーク

樹皮のことをいい、細かく小片にしたものをマルチなどに使用する。またこれを発酵分解したものがバーク堆肥で土壌改良材として用いられる。

●箱まき(はこまき)

育苗箱や鉢に播種専用土を入れ、種子をまくことをいう。

●パーゴラ

つる性植物をからませ這わせる洋風の棚で、木材などを組んで日陰などを作れる。

●葉ざし(はざし)

葉柄がある葉を土に挿し発根させて新しい芽を出させる繁殖方法のことをいう。さし木と同じ方法である。

●パース

庭の仕上がりを見せるのによく使用される、建物、造形物を遠近法を用いて描いた図面のことをいう。

●ハスロ

水やりに使用する小穴がたくさんあいた水がシャワー状に出る、じょうろの先につける部分のことをいう。

●鉢あげ(はちあげ)

さし木または種子から育てた苗を、育苗箱から鉢へ植え替える作業のことをいう。

●鉢替え(はちがえ)

さし木または種子から育てた苗を、育苗箱から鉢へ植え替える作業のことをいう。

●バックヤード

家の後ろ側のプライベートな空間のことをいう。対し、道路に面している側をフロントヤードという。

●発根促進剤(はっこんそくしんざい)

ホルモン剤の一種でさし木などを行う際、発根を促すためにさし穂の切り口などにこれをつける。

●バードバス

オーナメントの一種で小鳥が水を飲んだり、水浴びなどをするための容器のことをいう。

●鉢底石(はちぞこいし)

容器栽培で容器の底に入れる軽石またはゴロ土のことをいう。これによって水はけがよくなる。

●発根(はっこん)

さし木したさし穂から根が出ることをいう。

●パティオ

中庭のことをいう。スペイン語。

●花がら(はながら)

咲き終わった散らずに残った枯れた花のことをいう。

●花がら摘み(はながらつみ)

花がらを摘むことで、結実すると株が弱り花つきが悪くなり、また花がらが病気の原因になったりする為早めに除去することが望ましい。

●花芽(はなめ)

花を咲かせる枝になる芽のことをいう。

●ハーブ

生活に役立つ植物をまとめていう。料理、ティー、芳香剤などに用いられ、花や葉に芳香があるものが多い。

●葉水(はみず)

葉に散水することをいい、ほこりを洗い流したりダニの予防、空中湿度を高めるなどの効果がある。

●葉焼け(はやけ)

植物の葉がやけどしたように白っぽくなることをいう。室内や日陰で育てていた植物を急に強い日差しの下に置くと起こる。朝夕の弱い日差しから徐々に慣らすと葉焼けを起こさない。

●バルコニー

建物の2階以上の開口部から外に張り出た部分のことをいう。

●バルブ

花を咲かせる枝になる芽のことをいう。

●ハンギング

植物をコンテナに吊るしたり、壁に掛けたりすることで横、斜め下から鑑賞することができるガーデニングの手法をいう。ハンキングバスケット、吊り鉢、ウォールポット、他たくさんの種類がある。

●半日陰(はんひかげ)

一日のうちで3~4時間程度、日が当たるか木漏れ日の当たる状態のことをいう。

 


●肥培(ひばい)

肥料を充分に与えて強く健康に育てることをいう。

●肥沃(ひよく)

土が有機質に富んで肥えている状態のことをいう。

●ピンコロ

こぶし大ぐらいの大きさの立方体の形をした石材のことをいう。

●品種(ひんしゅ)

栽培品種、園芸品種の略のことをいう。花形、花色など特定の形や質が他のものと区別でき、またそれが増殖しても継承されていく植物群をいう。

●ピンチ

摘心のことをいう。先端だけを摘む軽いピンチのことをソフトピンチや、深く切り戻すピンチをハードピンチという。

 


●斑(ふ)

ガーデニング・園芸で植物を育てるために、窓の外側(あるいは内側)に置かれる容器(コンテナ)や、その下の壁面で支えるブラケット(棚受け)のこと。

●ファサード

道路から見て家の門柱や表札などを含む、その家の顔となる部分のことをいう。

●斑入り(ふいり)

葉の部分に葉のほかの色が模様のように混ざる状態のことをいう。

●フェンス

木製のものや金属製のものなどいろいろな素材で作られた垣根や棚、塀などのことをいう。

●フォーカルポイント

ガーデニングデザインでは重要なポイントで、庭の中につくられた見せ場、また目線が集まる場所のことをいう。

●深植え(ふかうえ)

植物を植える際に根を深く植えることをいう。深植えは、根が伸びにくくなり根腐れ状態にもなるのでよくはない。

●不完全花(ふかんぜんか)

一つの花にがく、花弁、雄しべ、雌しべのいずれかがない花のことをいう。

●副花冠(ふくかかん)

副冠ともいい花被または花冠が拡大したものをいう。スイセンやトウワタなどに見られる。

●輻射熱(ふくしゃねつ)

太陽光によって熱くなった壁、床から放射される熱のことをいう。

●覆輪(ふくりん)

植物の花弁、または葉などに入る模様のひとつをいう。外縁部分が地の色とは違った色で縁どられている模様。

●ブーケガルニ

ハーブの束で料理に使用する。ローリエ、パセリ、セロリなどハーブや香味野菜を束ねて作る。

●節(ふし)

植物の茎の葉が出ているところをいう。

●腐植(ふしょく)

枯れ葉などの有機物が腐ってできた黒褐色のもののことをいう。土のなかの微生物の作用によってできる。

●不織布(ふしょくふ)

化学繊維を織らずそのまま布状にしたものをいい、保温、保湿効果がある。花壇、ベランダなどの防寒用の被覆材に適している。

●双葉(ふたば)

種子まきをして発芽する際に最初に出てくる2枚の葉のことをいう。

●不定芽(ふていが)

植物のふつうではできないようなところに形成される芽のことをいう。葉や節間や根などにできることがある。

●腐葉土(ふようど)

土壌改良材として用いられ、広葉樹の落ち葉を堆積し、発酵熟成させたもののことをいう。

●プラグ用トレイ

小型容器が連結しているトレイで根鉢が一定の形をもった苗が育てられ、抜いた時も崩れず簡単に定植できる。

●プラスチック鉢

プラスチックでできた鉢をいう。軽く壊れにくい利点があるが、通気性、排水性が素焼き鉢よりも劣るため水やりは注意が必要である。

●プランター

植物を栽培させる容器のことをいう。プラッチック製の長方形の容器をいうことが多い。

●ブロッチ

パンジーなど花の中央にでる模様のことをいう。

●フロントガーデン

道路に面し玄関の前に作った前庭のことをいう。

●分枝(ぶんし)

植物の枝が分かれていることをいう。剪定によって枚数を増やすことができる。

 


●閉鎖花(へいさか)

スミレやキツリフネなど蕾のまま開花せず自家受粉して結実するような花をいう。

●壁泉(へきせん)

ライオンなどのデザインでレンガの壁などにつけられたオブジェから水が流れるようになっているものをいう。

 


●苞(ほう)

苞葉ともいい葉の変形したもので花を保護するものをいう。

●萌芽(ほうが)

植物の芽がでることをいう。

●胞子(ほうし)

シダ類、コケ類の種子のことをいう。

●保護剤(ほござい)

太い枝を剪定した際に、切り口を保護するため塗布する薬剤。腐敗菌の浸入も防げる。

●ボーダー花壇(ぼーだーかだん)

壁際に作られた花壇のこと。

●ポーチ

玄関から外の方へ張り出し、屋根がついている部分をいう。

●ポット苗(ぽっとなえ)

ポリ製の鉢に植えられた苗をいい、コンテナ、花壇に植え替えて育てる。

●ほふく

植物の茎が地表近くを這うように広がること。

●ほふく性

植物の茎が地表面に沿って伸びる性質のこと。

●ポプリ

芳香のある花、草をドライフラワーにし、香油などで混ぜ合わせたもの。

●堀り上げ(ほりあげ)

球根が植えたままでは枯れてしまう時や、分球する時に球根を土の中から掘りあげる作業のことをいう。球根の葉が黄色く変わり枯れはじめた頃に行うとよい。