01g-00

ガーデニング用語辞典 ま~も

●巻きひげ(まきひげ)

植物の茎、葉の一部分がつるに変形したものをいう。ほかのものにからみつき伸びていく。。

●枕木(まくらぎ)

かたい用材を防腐加工したものをいう。防腐剤は有毒の為、近くでは食用の植物をつくらないよう注意する必要がある。敷石、デッキなどの庭用素材として適している。

●間引き(まびき)

植物を日当たり、通風よく健全に育てるために生長に合わせて混み合った部分の苗、枝を抜きとること。。

●マルチング

土の乾燥を防いだり、湿度を一定に保つために植物の株元を覆うこと。

 


●御影石(みかげいし)

花崗岩(かこうがん)や花崗閃緑(せんりょく)岩などを石材として用いる際の名称。細かい粒状の模様をもち、色合いによって黒御影・白御影・桜御影・赤御影などと呼ぶ。硬く、耐久性があり建材や墓石などに用いる。

●実生(みしょう)

植物を種子から育てることをいい、同じ植物を数多く育てるのに便利である。

●水あげ(みずあげ)

さし木や切花などしおれないようにする為に切り口を水につけて水を吸わせることをいう。水中で茎を切り直す方法の他に、切り口を焼いたり湯につけたりする方法もある。

●水栽培(みずさいばい)

スイセンやヒアシンスなど、球根に水だけ与え育てて花を咲かせる栽培方法のことをいう。観葉植物も水栽培することができる。

●水鉢(みずばち)

水生植物を育てるのに使用する水をためる容器のこと。

●ミックスボーダー

一年草、宿根根、低木などを混ぜ植えて作る境裁花壇のことをいう。開花期、草丈、花の色などいろいろ考えデザインすると綺麗である。

 


●無機質肥料(むきしつひりょう)

科学的に合成した肥料のことをいう。元肥には暖効性のあるものを使用し追肥には速効性のあるものを用いるとよい。

 


●目土(めつち)

芝生の上に、発根を促し新しい芽が伸びやすくする為にまく土をいう。

 


●木質化(もくしつか)

植物の芽が発達する事により木のようにかたくなること。

●木レンガ(もくれんが)

木製のレンガのことで、土に埋めても腐らないよう加工されている。

●元肥(もとごえ)

植物を植えつける際に使用する肥料のことをいう。暖効性の効果が持続する肥料がよい。

●本葉(もとは)

発芽した後に双葉の次にでてくる葉のこと。

●モルタル

壁や床の下地やレンガ、ブロックなどの接着剤として使用される、セメントと砂を水で練り合わせたもののことをいう。